2019年03月01日

このところライブが増えている

去年から、演奏する機会が増えました。

自分でまたやり始めた「ね.」はともかく、
あとはまさかのギターの加藤さんからのお誘いがあったり
ブラジルから帰ってきたカナちゃんのバンドに参加したり

とにかく、51歳(もうすぐ52歳)の今が私にとっての
音楽人生1番の充実期だと言える。

わたしは歌うことは好きだけど、プロっぽくない。
パーカッションも長年やっているけど早く叩けない。
あんまりできないし、ソロどうぞ〜って言われても
何やっていいのかよくわからない。

でも、耳はいいと思うし、感はいい方だと思う。

そんな私に一緒にやろう!と誘ってくれる人や
聴きにきてくれる人は
そんなに大勢ではないけど、その少数派の人たち私のことを
根本的によくわかってくれているか、わかろうとしてくれている人だから
私は音楽を続けてこれたし、これからもやりたいと思うのだと思う。

このお雛様は、亀戸東覚寺のお雛様。
うちのは、棚の奥で眠ってます。

IMG_0081.jpg
posted by 二コちゃん at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

2019年やっとあけた感じ

2019年は年末から風邪をひいていて、
珍しく熱も出たりして冴えない年明けでした。

でも、毎年恒例のピットインでの渋オケ挨拶の後
神田柳森神社の初詣で、鍋の底に溜まったラスト甘酒を飲めたし
きっとイイ年になると信じていようと思います。

IMG_2301.jpg

年が明けて2日には、宮崎の草野さんを送って羽田空港に行きました。
正月の羽田があんなに混んでるって知らなかったのでなんかびっくり。

草野さんとは、去年亡くなった片山さんの家にちょっとだけお邪魔して
妙子さんから暖かいもてなしを受けて、風邪も良くなってきました。

去年は、おかげさまで楽しい演奏も多くて浮かれ気味な私でしたが、
51歳という年齢を考えたら、健康上の問題がいつ起こってもおかしくないわけで
ちょっと風邪をひいただけでも「ああ、もう終わりか」と思ったり
とにかく、元気でなけれは楽しいことも、悲しいことも体験できないと
ひしひしと感じた年末年始でした。

IMG_6186.jpg

ようやくやる気が出てきたので、新春ライブの曲目を出している今です。
今年もどうぞよろしくお願いします。
posted by 二コちゃん at 11:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

今日は古澤さんの誕生日だった日

9月5日といえば、高円寺ジロキチで古澤良治郎バースデーライブがあるので、
空けておかなきゃいけない日として、空けていた日です。
それは、多分1988年から(私が21歳)2010年(私は43歳)までの22年間ずっとそうだったと思います。

古澤さんが亡くなってからも毎年、その日は何と無く空いていて、家でたいして飲めないのにお酒を飲んだり、
「普通の日が素晴らしい!」
なんて言って適当にやり過ごしていました。

でも、今年は研太と社長を誘って「ね.4」を再開することができたし、特にどうしてもその日にライブを入れようと思ってなかったのに、スケジュールの都合だったり、クラップのタカちゃんの思いつきだったりがあって西荻のクラップクラップで「ね.」の曲を演奏できることになりました。

誕生日といえば、私が30歳の誕生日を迎えた年に、
「今日は私の誕生日〜♫ さんじゅ〜♫さんじゅ〜♫」
という古澤さんがその日に作ってくれた曲があって、それをやるのが楽しかった。

その曲は古澤さんの誕生日にはやらなかったなあ。なんでだろう。私の誕生日のテーマソングだったからかな。。。

古澤さんは、よくライブの直前に新曲を発表して「これやろう!」と言って、楽屋で研太に譜面にしてもらっていました。思いついたメロディーを歌って聞かせて書いてもらっていたんだけど、なんか歌っているメロディーと思いついてるメロディーがちょっと違ったりして、イライラして「違うんだよなぁ〜」と言ったり、なんか、いろんな意味で緊張感がありました。けど、出来上がった曲は呑気な感じの「今日は私の誕生日〜♫」面白いでしょ。

音楽に関してのこだわりや、思い入れが強かったんだと思います。
やりたいことはちゃんとやるけど、やりたく無いことはやらない。
でも、人に対して気を使うから、なんか言われたりすると、言われた通りにやろうかなぁと思ったりもするけど、結局直前になって「やりたく無い!」って言っちゃったり....無理できない、とにかく、正直な人であったことは間違いないですね。


✈✈✈✈

今日のライブの宣伝に、古澤さんのとっておきの写真でも載せてみるか,,と思って自分の資料というか、整理してない思い出箱を探っていたら、こんな写真が👀💡

IMG_7231.JPG

この写真はまさに、私が30歳の誕生日の日にアケタでやった「ね.」のライブの写真。
直接指導を受けてるって感じですね。私の目も真剣です。
私が着ているエプロンはその時、古澤さんのボウヤを始めたばかりだった福島くんがプレゼントしてくれたものです。その日は古澤さんと津上研太と私の3人の「ね.」をやっていて、ベースの伊藤啓太くんが遊びにきてくれてベースを弾いてくれた日っていうのは覚えていました。
この写真と一緒に封筒に入っていた手紙「なんだっけ?」と思ってみてみたらギターの社長からの手紙でした。

IMG_5020.jpg


この写真は、誰が撮ってくれたのか忘れたけど、誰かが撮影してくれて、
それをギターの社長に預けていて、後日私がもらったものだったのですね。

いや〜ビックリした❗
これがあったからってわけじゃ無いけど、「ね.」の第4シーズンのメンバーとしてギターの社長(斉藤良一)を誘って今日のライブは3回目。4回目のライブは来月、アケタでやることが決まっています。だんだん楽しくなってきたところなのです。

古澤さんのことを思うとき、いろんなミラクルが起こります。
それは天気だったり、ふと目にするものだったり、タイミングだったり。

そういうことに気づく時、私はまだまだ古澤さんを感じることが出来て寂しくないのです。
ネイティブアメリカンインディアンの本に書いてある、良い言葉、自然な言葉と同じくらい
ナチュラルな言葉にならない言葉を、西荻の駅周辺で感じることが出来るのです。

あ〜✨🎂文章がまとまらない〜
というのを、久しぶりのblogのまとめにします。
posted by 二コちゃん at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

久しぶりの日記!力が入ってて長いです。

これまで…mixi、blog、Facebook、Twitter、Instagram....
全てに広く浅く手を出してきた私ですが、最初はホームページを作っていて、ちゃんとお金を払い続けていてドメインも守っているので、今もそのページはあります。更新をサボっていたので情報はところどころ古いです。

ホームページのタイトルを「Cafe Do Nico」にしたのは、
ニコちゃんのカフェということなんだけど、その頃初めて旅行したニューオリンズのカフェ
「Café du Monde」からとったのです。

ホームページのいいところは、検索したら誰でも見られるってこと。
そして表示が軽くて広告が出ないってこと。

ちょっと先ですが、6月の中頃に「ね.4」(ね.の第4シーズン)の予定、そしてブラジルから帰国した青木カナちゃんのバンドの予定もはっきりしたので載せたくて、長いこと放置していたこのページを、今ちょっとづつ手直しして、まずは音楽のページから更新することを始めました。ライブ予定のページは見やすく表示も速くなりました。

去年長いブラジル生活から帰国したカナちゃんは、何年もブラジルに居たのに毎年帰国の時は連絡をくれて、なんだかんだと交流が続いて居て帰国したら一緒にバンドをやりたいといつも言ってくれていて、それが今年やっと実現することになったのです。サックスが4人もいる豪華なバンドです!
バンドの名前は「Kana & Banda CAXIQUE」
バンダ カシッキ!カシッキというのは、酋長っていう意味だって。松風さんが酋長っぽいからという理由でそんな名前にしたとカナちゃんが言ってました。リハーサルもしています。なんか楽しくなりそう!
30705632_10215811722306724_3106631569834508288_o.jpg

そういえば、昔古澤さんが、「Zと書いてジー。俺がジジーだから」とか「ムクルって名前にする。おじいさんって意味だから」とか言っていたな。。。。同じ年配の人を表す言葉でもおじいさんやジジーより、酋長の方が、かっこいいし前向きですね😃

そして、「ね.」を久しぶりにやりたいと思ったのは、仙台の佐々木さんがくれた録音音源を聴いたのがきっかけです。
古澤さんと津上研太と私の3人で「ね.」をやっていた頃のアケタでのライブが録音されていたその音源は、自分で聴いてもすごく面白く、こんなライブだったら聴きに行きたい!と思えるものでした。とにかく、古澤さんが元気でアイデアに満ち溢れていて、20年前の私と研太が、そんな古澤さんの一挙手一投足をなんとか拾って一緒にやろうとしているのがわかる、まさにライブでした。20年前だからこそ出来たのかもしれないけど、今の自分だったらどうだろう。古澤さんが居なくても出来るのかどうかやってみたいし、何しろ古澤さんのこの、曲っぽくない曲をやれるのは私と研太しかいないんだからやった方がいいって思いました。

研太にもCDを聴いてもらって、話をして「やれたらいい、ね。」と思っていた時に、すごく久しぶりにギターの社長(斉藤良一)に再会して「やあやあ」と話していて「ああ、この人は古澤さんの曲をあんまり知らない人だけど、なんか一緒に楽しくやってくれそうだしやれる気がする!」と感じたのです。私の思ったことは多分あんまり間違ってないので、研太に「社長はどうだろう?3人でやれないかなー」と相談したら、「いいねー!やろうやろう!」と賛成してくれました。考えてみると、社長と私は昔々「ツンドラ」というバンドで一緒にやっていたことがあり、その時社長はドラムでした。それが多分25年ぐらい前の話で、その後はあんまり一緒にやることもなく今までそれぞれやっていました。社長は本当はギターなんだけど、ドラムもやれるしなんか古澤さんと似たところもある気もします。

新たな気持ちでやるんだから、チラシも作ろう!と作ったのがこれです。キャッチコピーもバッチリだと自分で納得。天国の古澤さんがみたら「いいね〜〜ナイス!」と言ってくれると思う。


ne4.jpg
「ね.4」

6月14日(木) 西荻窪CLOPCLOP
午後8時過ぎ頃〜
「ね.4」

「ね.」の第4シーズンは西荻クラップから始めます。
メンバーは3人ですが、+古澤良治郎さんのスピリットということで
「ね.4」というグループ名にしてみました。どうぞよろしく!

津上研太(sax、他)
藤ノ木みか(パーカッション、歌)
斉藤良一(g.、他)
posted by 二コちゃん at 09:56| ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

ソボミカ再販

気がついたら2017年になっていた。。。
と一月に書かなかったので、まあいいかと思っていたら
もう8月か!!ここで書かないと今年の日記ないなぁと思って
今書いています。

このところ、思いがたまるとFacebookの方に結構ちゃんと書いていて
このBlogのことは忘れていた。というか、ここに書いてもな〜と
思っていた。でも今ここの日記を読み返してみたら結構内容があって
自分としては読み応えがあった。

思いが溜まってここぞと思った時に書いていたとも思えないけど
何年か前から(というかずっと)おんなじようなことを思っているのが分かった。

両親はまだ健在で、いろいろあってもなんとなく暮らせているし
やりたい音楽もちゃんとやれていて、書も書いてはみんなに喜んでもらえているから
これでいいと思っている。

特に、渋谷毅さんと演奏出来る機会が増えているのはすごく良いことで
どう考えても良いことで、大事にしたいと思っている。
「もういいや」と思われるまで一緒に演奏して欲しいなあと思う。

そして、もうすぐ15年ぐらい前に録音された「ソボミカ」が
CDとして再販される。やっぱりつづけてるといいことあるな。
賢ちゃんには「もういいや」と言われる気がしない。

srogo.jpg
posted by 二コちゃん at 15:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする